2011年05月19日

月山・新八方八口プロジェクト

羽黒町のとなり、櫛引町にある出羽商工会にいってきました。
「月山・新八方八口プロジェクト設立準備会・実行委員会」に参加するためです。

さてさて、月山・新八方八口プロジェクトとは?

月山には、かつて登拝口が八方八口も(!)ありました。
それほど多くの登り口のある山は、おそらく日本にありません。
あの霊峰富士山でさえ、四口なのですから...!

またかつて、月山の麓の行政区がアルカディア会議という委員会を結成していました。
そのような月山の魅力を、登り口に人の影がなくなった今日
あらたに展開しようと活動していたのです。
しかし行政内での部署異動などもあって同会議は休止したそうです。

その抱いた展望を継ぐものが待たれていました。

そして今回、民間をベースに、新たに庄内町の登拝口の掘り起こしを視野に入れ
月山・新八方八口プロジェクトがスタートしたという次第です。

思い出すのは、一昨年前に行った出羽三山ツアーの参加者の言葉です。
(この方は、海外の世界遺産などに何度も旅をされている、とても博学な方でした)

「出羽三山は、スペインのサンティアゴ巡礼路に比するべき場所。
どうか大切にして、また世界の皆さんに知ってもらえるよう頑張ってください」。

たしかに月山のすべての登山口に別当寺があり
(現在の羽黒山山頂にある三神合祭殿も別当寺の一つでした)
そこから登られていた当時は、サンティアゴ巡礼路に勝るとも劣らないだろうと思います。

八方から登ったとしても
いずれは一点に収束するのが山です。

7月1日の月山開山祭を控え
月山にかかわる地域の多様性と統一性をどうつくりだしていくのか
プロジェクトはいま始動しました。

posted by hagurokanko at 17:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 出羽三山
この記事へのコメント
こんにちは。

読売新聞の記事を読んで検索し、こちらのブログを拝見させて頂きました。

私から提案ですが、静かなブームになりつつある「ジオキャッシング」を取り入れられてはいかがでしょうか。こちらは一種の宝探しゲームですが海外が発祥であり日本でもスマートフォンの普及と共に急速に愛好者が増えております。ジオキャッシングの詳しい内容はhttp://gpsuser.sakura.ne.jp/
のページに記載されております。こちらのキャッシュを主要観光地に配置し、記念のメダルを入れたり出羽三山にまつわるものにすればキャッシャー(ジオキャッシングを楽しんでいる人)に訪れて頂けると思います。

現在、山形県には2,3個のキャッシュしか配置されておらず注目の薄い県となっています。隣の秋田県や新潟県などは沢山のキャッシュが配置されており、それを発見するだけのために東京から行っている人もいます。その際に地方の魅力を発見してくれているようです。

このゲームですが、費用も殆どかからず手間も少々の管理する手間だけであり、ほぼ無料で出羽三山を中心とした魅力を発見して頂けるツールになると思います。出羽三山だけではなく周辺の、致道博物館などに設置しても良いのではとも思います。

ご検討頂けるようでしたら是非、私も周囲に発信していきたいと思っておりますのでご一考頂きたくお願い致します。
Posted by 西川町出身者 at 2011年05月30日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45293101

この記事へのトラックバック