2010年06月26日

月山に咲く花々〜開山期

gassan_1.JPG

6月22日、月山公園線開通を目前にひかえ
月山に行ってきました。

頂上小屋のトイレ清掃等にいったのですが
たくさんの高山植物に出会いましたよ。

今回の山行きに一冊の本を持参しました。

芳賀竹志著『月山花賛歌』崙(ろん)書房

月山頂上小屋の主人、芳賀さんの著作です。
これをたずさえて月山を行くと山道の植物たちを身近に感じることができるんです!

ではまずトップの写真からご紹介しませう。

チングルマ〔稚児車〕バラ科
花期6月上旬〜8月下旬 背丈10cm

花が終わった後、実のかたちが子どもの持つ風車にみえることがその名の由来。
春から秋まで、雪渓を取り囲むようにして咲き、
月山一番の特徴である雪田植生の主役をも演じているし
面白いのは、パラボラアンテナ様に開いた花冠が
しなやかな茎共々太陽の移動に合わせて反転することだ。

と、『月山賛歌』にあります。
じゃ、太陽の出てないときはどうなるの??
よわい光でも太陽に向くとしたら
この花が開いた方向と時間を考慮すれば、東西南北の方角がわかるのかしら。

gassan_2.JPG

次はミヤマキンバイ〔深山金梅〕バラ科
花期6月〜7月 背丈5〜15cm

キンバイが群生するのは、初夏の尾根路や砂礫地。
他の山では草地や雪田周辺など、湿り気のある場所に好んで生息しますが、
月山ではそうした場所があまりなく、むしろ、前述した場所や
風衡地に多く見られます。

よく間違えられる花に
ミヤマキンポウゲ〔深山金鳳花〕があります。
芳賀氏曰く
似ているところといえば花弁がともに五個、花が黄色であることぐらい。
他に葉の形や背の高さ、花弁のツヤの有無、生息地
開花の時期などまったく違っているのだが・・・

なぜ間違えるんだろう、といわんばかりの解説ですがわーい(嬉しい顔)
ミヤマキンポウゲの花期は7〜8月、背丈は10cm〜40cmと大きく
花のツヤがシャープな印象を与え、夏の花!という感じ。
対してミヤマキンバイは春に咲く小さな花です。

100622_gassan_05.JPG

ツガザクラ〔栂桜〕 ツツジ科。
花期6下〜7下月 背丈5〜20cm

芳賀さん曰く
花は桜に、葉はツガに似るところからすこぶる単純明快な
名を頂戴している。これも風衝地に生育する種で背が低く
とても花車(きゃしゃ)な感じがする。
植物の背と風は切れない相関関係にあり、風衝地では
益々それが顕著だ。早い話が、点に向かって伸びようとする植物の背の高さは、風が決めるといってもよい

太陽の位置といい、背丈といい
芳賀さんの植物をみる眼は自然の理が映っているよう。
こうなりたいものですなぁ。

100622_gassan_7.JPG

タカネシオガマ〔高嶺塩釜〕
花期7月下旬〜8月 背丈5cm〜15cm

小さな花です。花のつき方が特徴的で、どこかガチャピンを連想させます。

10-622_gassan_3.JPG

シラネアオイ〔白根葵〕シラネアオイ科
花期5月上〜7月中月 背丈5〜30cm


他の花と違い、春の淡い雰囲気を残しているからでしょうか。
山道ではっと目が留まる花です。

花期も終わりかけ、この優美な姿もまもなく見られなくなります。
残念ふらふら 日本の特産種で、多雪地帯が主な分布域です。

100622_gassan_4.JPG

コイワカガミ〔小岩鏡〕イワウメ科
花期6〜7月 背丈5〜10cm

今回の登山で、いちばん美しい花でした。
小さな背丈ながら、鮮やかな紅は眼に焼きついて離れないほどです。

特徴的なのは繊細な花の縁取り。
風に揺れても、露に濡れても、豊かな表情が美しい。

岩鏡の名は、光沢のある葉を鏡に見立てたものだそう。
花とバランスよい対比をなしています。

100622_gassan_05.JPG

群生しているのはハクサンイチゲ〔白山一花〕
花期5月中〜8月下 背丈10〜30cm

花弁のように見えるのは萼(ガク)片という部分。
なるほど、この花、花弁がないんですね。

風がつよく乾燥しがちな砂礫地にも大群落をなす
適用範囲のひろい植物とのこと。
一花とひかえめな名前をもちつつ、生存戦略に長けているわけです。

さて、まだまだ沢山ありますが、
今回はここまで。いま山道に咲く主な花をご紹介しました。
またシーズンが変わればご紹介していきますね。

そうそう、『月山花賛歌』はamazonにはございませんが
月山頂上小屋や、いでは文化記念館で購入していただけますよ。
芳賀さんの言葉が魅力的な一冊です。

どうぞお求めくださいませ!
posted by hagurokanko at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39228419

この記事へのトラックバック