2010年02月15日

やまがたの雛

102019_hinamatsuri.JPG

今日の羽黒は雪です。
それでも、アイスバーンの車道は融けて
寒さも和らいできました。

もうすぐ雛祭りシーズンですね。
こちらにまとめてご紹介します♪

かつて川の道として栄えた最上川は、
紅花をはじめ、多くの物資を京や江戸へ運び、
帰りの船には仏像や鮮やかな衣装など、華やかな京・江戸文化をのせて戻りました。
その文化のひとつが雛人形です。
たどりついた雛たちは川沿いの町の比較的豊かな家で飾られ、
今では全国的に雛の道として知られるようになりました。
300年を経た今も、旧家には雛人形が数多く残され、
県内様々な施設で公開されています。

■ 村山地方
・山形市周辺の14市町で「やまがた雛のみち」を開催中です。冬に咲く桜「啓
翁桜」をあわせて展示している施設もあります。
http://www.yamagatakanko.com/feature/theme/hina/murayama.html

■ 最上地方
・各家庭では家中の雛や人形などを飾り、その周りに錦絵を飾るという独特の風習があります。「もがみ雛めぐりバスツアー」も実施!
http://www.yamagatakanko.com/feature/theme/hina/mogami.html

■ 置賜地方
・米沢市の上杉伯爵邸・酒造資料館東光の酒蔵、南陽市の結城豊太郎記念館、川西町の玉庭地区交流センター・民家で展示しております。
http://www.yamagatakanko.com/feature/theme/hina/okitama.html

■ 庄内地方
・庄内地方の家々に古くから大切に受け継がれてきたお雛さまを公開する「庄内ひな街道」を開催中です。
また、レトロバスでまわる庄内ひな街道周遊バスを3月1日より運行します!
http://www.yamagatakanko.com/feature/theme/hina/shonai.html


県内でわけても古いお雛様があるのが、北村上郡の大石田町といわれています。

そんな大石田町立歴史民俗資料館から下記お知らせが届きました。

大石田町立歴史民俗資料館 雛人形・古典人形展

会期:平成22年2月28日(日)〜4月4日(日) 10:00〜16:30
会場:山形県北村山郡大石田町大字大石田乙37−6
休館日:3月1日(月)・8日(月)・15日(月)・23日(火)

また、大石田町の民家の玄関が下記期間のみ一般開放され
古雛をご覧いただくことができるそうです!

大石田ひなまつり

会期:平成22年4月2日(金)〜3日(土) 10:00〜16:00
会場:大石田町の民家

お問合せはTel & Fax 0237-35-3440までどうぞ!

posted by hagurokanko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35407308

この記事へのトラックバック