2009年11月28日

久木綾子著『禊の塔』

091128_misogi_01.JPG

こちらでお伝えしていました
羽黒が舞台の久木綾子さんの新作
『禊(みそぎ)の塔』の連載第二回を届けていただきました。

この小説が連載されているのは、
昭和33年以来つづく同人誌『文芸山口』。
今回は、連載の二回目です。

091128_misogi_02.JPG

物語は14世紀、羽黒山五重塔の建立を巡って展開しています。
今は登場人物や舞台が揃いはじめているところで
どんな話になっていくのか、まだまだわかりませんグッド(上向き矢印)


それでもこれから芽を出していくであろう
話の種が随所に蒔かれているような気がします晴れ


個人的には、若い山伏・浄海が気になるところ…
次号が楽しみでするんるん


本『文芸山口』

頒価525円(送料180円)

〒753--861
山口県山口市矢原1359-2
堂迫 充 方 山口県文芸懇話会
(tel)083-924-2193

posted by hagurokanko at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33900864

この記事へのトラックバック