2009年06月27日

『森里海連環と日本の原風景』開催!!

090627_morisatoumi_001

『森里海連環と日本の原風景〜修験道と日本海学にまなぶ〜』
シンポジウムが開催されました!

9:00〜18:00というハードスケジュールにも拘らず
県内外から230名もの参加者が来館!

090627_morisatoumi_000

開会は星野文紘実行委員長のホラ貝

090627_morisatoumi_002

そして日本文化研究センター安田喜憲教授による
開会挨拶で始まり
午前のセッション1/基調講演「未来を開く山形県民の心」では

090627_morisatoumi_004

羽黒山荒澤寺住職・島津慈道氏
「修験の心と日本人の役目―山と海を守るために―」

090627_morisatoumi_005

千歳建設会長・千歳栄氏
「日本人の心の原風景と次世代へのメッセージ―神仏和合の実相」
の基調講演が行われました。

続くセッション2/討論「山形県を元気にする」
セッション3「森里海連環がもたらす日本人の役目」は

090627_morisatoumi_003

山形県知事・吉村美栄子知事の挨拶からスタート!
初めてお話を聞いたのですが

090627_morisatoumi_006

来場者の眼差しをみてお分かりのように
人の心を惹きつける魅力的な語り口でした!

当地域の歴史・文化・自然等の「豊かさ」を
どのように磨き、活かし、つなげていくかを巡って
熱気に包まれたシンポジウムとなりました。
登壇者の皆様、ご来場の皆様、関係者の皆様、大変お疲れ様でした。
これを機に、羽黒地域の次なるステップを
踏み出していきたいと思います!





posted by hagurokanko at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30125338

この記事へのトラックバック