2011年05月19日

月山・新八方八口プロジェクト

羽黒町のとなり、櫛引町にある出羽商工会にいってきました。
「月山・新八方八口プロジェクト設立準備会・実行委員会」に参加するためです。

さてさて、月山・新八方八口プロジェクトとは?

月山には、かつて登拝口が八方八口も(!)ありました。
それほど多くの登り口のある山は、おそらく日本にありません。
あの霊峰富士山でさえ、四口なのですから...!

またかつて、月山の麓の行政区がアルカディア会議という委員会を結成していました。
そのような月山の魅力を、登り口に人の影がなくなった今日
あらたに展開しようと活動していたのです。
しかし行政内での部署異動などもあって同会議は休止したそうです。

その抱いた展望を継ぐものが待たれていました。

そして今回、民間をベースに、新たに庄内町の登拝口の掘り起こしを視野に入れ
月山・新八方八口プロジェクトがスタートしたという次第です。

思い出すのは、一昨年前に行った出羽三山ツアーの参加者の言葉です。
(この方は、海外の世界遺産などに何度も旅をされている、とても博学な方でした)

「出羽三山は、スペインのサンティアゴ巡礼路に比するべき場所。
どうか大切にして、また世界の皆さんに知ってもらえるよう頑張ってください」。

たしかに月山のすべての登山口に別当寺があり
(現在の羽黒山山頂にある三神合祭殿も別当寺の一つでした)
そこから登られていた当時は、サンティアゴ巡礼路に勝るとも劣らないだろうと思います。

八方から登ったとしても
いずれは一点に収束するのが山です。

7月1日の月山開山祭を控え
月山にかかわる地域の多様性と統一性をどうつくりだしていくのか
プロジェクトはいま始動しました。

posted by hagurokanko at 17:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 出羽三山